品質技術

ヤマハブランドに寄せられる信頼に、すべての製造プロセスで応える

お客様にヤマハ製品を安心して使用、ご満足いただくためには、製造過程のあらゆるプロセスを俯瞰した品質向上の取り組みが不可欠です。そのため、ヤマハモーターパワープロダクツでは、品質管理と改善を行う機能を一部門にまとめ、お客様から寄せられるご要望をはじめ、製品に関わる社内外の声を集約。企画・開発・製造など、ものづくりの一連の過程に対して適切なフィードバックを行い、付加価値の高い製品づくりを推進しています。 また同じ部門で完成検査まで受け持つことで製造上の課題への対応を迅速に進め、PDCAサイクルの実施をより効率化。品質向上活動(QMP活動)などを通じて、お客様の期待に応える製品をスピーディーに市場に送り出せる体制を構築しました。

グローバル品質の実現に向けて

グローバルなものづくりの枠組みの中で品質を向上させるために、海外工場への技術指導やサプライヤーへの支援に力を入れています。中国の関連工場に対しては、品質管理の仕組みづくりや管理手法の提供、品質基準の策定といった支援を、現地と一体化した体制で継続。海外サプライヤーに対しても必要に応じた技術支援を行い、部品単位からの品質向上に努めています。

quality_img_01