製造技術

独自に培ったものづくり技術があります

ものづくり企業として基盤となるのが製造技術です。ヤマハモーターパワープロダクツでは、ものづくり企業として蓄積した独自の生産技術を駆使し、当社で開発を行っているゴルフカーやパワープロダクツ製品の生産を通じて、ヤマハブランドの信頼性と魅力を支えています。
また、海外工場におけるマザー工場としての役割も果たし、『MADE IN JAPAN』のクオリティーをスタンダードとするとともに、効率的なコスト管理により、グローバル市場で競争力のある製品づくりを実現しています。

商品企画段階より生産工程を睨み市場優位を生み出すQCDを実現

ゴルフカー、パワープロダクツ製品では、製販技一体体制の利点を最大に活かし、企画開発段階から製造技術のスタッフも参加。工程全体での生産性を考慮した設計を実現しています。市場の反応を速やかに製品に反映できるだけでなく、より充実した品質保証の再構築や、品質ロスコストの低減による価格抑制に結実し、製品のバリューを高めています。

industry_img_01