新着情報

燃費・環境・静音性能向上
「DRIVE2シリーズ/YDR Cruise」を新発売

2017年3月1日

ヤマハモーターパワープロダクツ株式会社は、好評の2人乗りモデル「YDR」をさらに進化させ、1)ガソリンキャブモデル「DRIVE2」、2)ガソリンEFIモデル「DRIVE2 EFI」、3)バッテリーモデル「YDR Cruise」の3モデルを発売します。
ガソリンEFIモデルは、燃費性能・環境性能を向上させました。 主な特徴は、1)燃費が18%以上向上※1、2)CO2排出量7%削減※1、3)バイオエタノール10%混合レギュラーガソリンE10に対応※2などにより環境に優しいエコドライブを可能にしました。 さらに、静音技術で走行騒音を約4dB低減※1、バッテリーモデル並の静寂性を実現しました。 以前より好評のキャブレターモデルも設定し、ガソリンモデルは2モデル、バッテリーモデルは1モデルの計3モデルからお客様に合ったモデル選択が可能となりました。

DRIVE2 EFI

DRIVE2 EFI

ヤマハゴルフカー DRIVE2シリーズ/YDR Cruise

名称
ヤマハゴルフカー DRIVE2シリーズ/YDR Cruise
発売日
2017年3月1日(DRIVE2シリーズ)
2017年6月1日(YDR Cruise)
メーカー希望小売価格
オープン価格
※1   現行モデル比(測定条件は、当社が定めたテストコースでの値)
※2   2012年4月から関係法令等が改訂・施行されたことにより、国土交通省が定めた保安基準を満たすことが認められた車両のみE10ガソリンを給油することが可能になりました。
注  仕様変更などにより、写真や内容が一部実際と異なる場合があります。

《「DRIVE2EFI」主な特徴》

(1)EFI(フューエルインジェクション)搭載エンジン採用

EFI(フューエルインジェクション)の採用により、エンジンが要求する最適なガソリン量を供給。不必要な燃焼を少なく制御し、燃費・環境性能向上を実現しました。
①燃費18%以上向上
②CO2排出量7%軽減

※現行モデル比:測定条件は当社が定めたテストコースでの値
EFI(フューエルインジェクション)搭載エンジン採用

(2)レギュラーガソリンE10に対応

国土交通省が定めた保安基準を満たす車両のみ給油ができる、バイオエタノール10%混合レギュラーガソリンE10に対応し、より環境に優しい、エコドライブを実現しました。

(3)ヤマハ独自の静音技術を搭載

ヤマハ独自の静音技術により、現行モデルと比べ走行騒音を約4dB低減させ、バッテリーモデル並の静寂性を実現しました。
※現行モデル比:測定条件は当社が定めたテストコースでの値
EFI(フューエルインジェクション)搭載エンジン採用

(4)『リア』に独立懸架サスペンションを採用

フロントにプラスしてリアにも独立懸架サスペンションを採用することにより、路面追従性を向上させ、さらに快適な乗り心地を実現しました。
バッテリーウォータリングシステム

《「YDR Cruise」主な特徴》

(1)2人乗りゴルフカーに最適なバッテリー搭載

「GS BV 150Z 12V×4ヶ」のバッテリーを採用し、重量の低減を図りました。
バッテリーウォータリングシステム

《「全モデル」共通》

(1)3分割リアカウルを採用

必用な部分だけを外せることで、整備時の作業効率が大幅に向上しました。万一カウルにキズがついた場合でも、キズがついたカウルのみを交換することが可能になり、コスト面もサポートします。
バッテリーウォータリングシステム

主要仕様諸元

※3 オプション
※4 ガソリンモデルはガソリン重量を除く


《「DRIVE2シリーズ/YDR Cruise」 フィーチャーマップ》

ヤマハゴルフカー YDRA/YDREシリーズ ニューフィーチャーマップ

報道関係者、お客様からの本リリースに関するお問い合わせ先

ヤマハモーターパワープロダクツ株式会社 ゴルフカー事業推進部 第1営業部 営業企画課
静岡県掛川市成滝322-1
Tel.0537-21-2672 Fax.0537-21-2675
http://www.yamaha-motor.co.jp/golfcar